前へ
次へ

葬儀手伝いを頼まれたときの葬儀マナーとは

会社関係の葬儀では手伝いを頼まれることがありますので、きちんと葬儀マナーを知って役目を果たしましょう

more

葬儀マナーに従って葬儀に出席する服装を整える

葬儀に出席するということは、私たちの長い人生の中でも、そう数は多くはありません。
ですが、そう

more

葬儀マナーは知っておくのが大事

病院でなくなれば、看護師化病院が提携する業者にエンゼルケアをしてもらいます。
遺族は葬儀社に連

more

葬儀マナーは地域や宗教によって

昔は文字通り、夜通し近親者が亡くなった方の棺に付き添うことをお通夜としていましたが、現代では半通夜と呼ばれる夜が更けないうちに退席する通夜が増えています。
地域によっては参列者全員が通夜振る舞いと呼ばれる料理に手をつけなければいけないなど、地域ごとのマナーが存在しているため、それぞれのマナーを理解してから参列することが望ましいといわれています。
通夜振る舞いと呼ばれるのはお通夜のときに振舞われる料理の事を指し、関東では参列した人全員が口をつけ、亡くなった方との最後の食事を行うといわれており、焼香後に遺族から勧められたら必ず口をつけるのがマナーです。
対して関西では近親者のみが通夜振る舞いに参加することになっているため、地域ごとに行うかどうかは異なります。
また、通夜振る舞い自体がない地域もあるため、事前に確認してから葬儀・通夜の予定を組むことが望ましいでしょう。
通夜振る舞いがない地域の場合、参列した人に酒と折り詰め、更に商品券などを持ち帰ってもらう地域もあるといわれています。
葬儀マナーとして通夜のマナーを覚えておくことも必要といわれているため、地域ごとのマナーと、全国的なマナーとの違いを理解しておくと、転勤などですんでいた地域以外に行ってお世話になった方の葬儀やお通夜に参列する場合に役立ちます。

満足度が90%以上のフロアコーティング・フローリングコーティングはコチラ
価格・対応・仕上がり・総合の4点でも満足度が90%を超えています。

お客様ファーストは予約システムで
24時間ネット予約可能となれば、お店を訪れるお客さんを待たせることもなくなります。

楽しく簡単に運動できるのはWEBウォーキング大会

除菌水ジーア
赤ちゃんやペットにも最適な空間除菌システムです

なお、お通夜はあくまでも仏式の葬儀マナーとして定着しており、神式やキリスト教式の葬儀・通夜の場合旗言おうが異なるため、注意してください。
キリスト教式の場合は前夜式と呼び、派手な通夜振る舞いを行わない傾向が強いです。
神式の場合には通夜祭(つやさい)と呼ばれる式が仏式のお通夜にあたり、通夜振る舞いに変わって直会(なおらい)と呼ばれるものが存在しています。
仏式では肉や魚などが禁止されていますが、神式などの場合には禁止されていないため、お寿司などが出てくる場合もあることを理解してから参列しましょう。

Page Top